「門」を子育てに生かす

びっくりするほど似てる人

2019年12月28日

さて昨日は
1年の疲れを落としに整体にいらっしゃった
月創門Nさん、

先月のブログに書いた
月創門J君のお母さんからいただいたメールの記事(link)
読まれたんだそうです。





それはJ君とお母さんが
月創門トークを繰り広げたことについての
メールでした。

お母さんもJ君も月創門だから、
お母さんはJ君の心理や行動がよくわかります。


私も、
同じ門どうしの感性の合い方って
スゴイな〜と改めて思いながら読んでたメールでしたが、



昨日の月創門Nさん、

「私のことについて書かれているのかと思った!!!」

「このお母さんには私のこと何でも見透かされそう!!」


寒気がするほど驚いたんだそうです。




1度読んでびっくりして、

もう1度読んだら違うかもと思って
2回、3回と読んだけど、

何度読んでも
自分のことを書かれているかのようだった!

のだとか(^^)




同じ門とはいえ
人はそれぞれ違うんだから、
この門の人はだいたいこういう傾向、
という程度のものだと思っていたけれど

まさかこんなに
思いや行動パターンのすべてが
一致するとは!!


改めて驚いたとのことでした。




それで後から
NさんとJ君の鑑定書を調べたら、

アビリティ(持っている門の分布)もそこそこ似た傾向で、
持っているものと持っていないものが共通していたので、

それほどまでに同じパターンになるのだろう、と
納得しました。




つまり、

自分がどんな仕事で
どんなふうに振る舞えばうまくいくか?

ということが知りたければ、

生まれながらの門が同じで
アビリティも似ている人、

の成功例を知ればいいんです!





これは
副業・起業したい人の
セルフブランディングにも役に立つし、

(門に合ったことをしないと
 違和感ありまくりで成果がでません)




親が、
自分の子供の将来について
見通しを立てるのにも便利です。


この子ちっとも勉強しないけど
どうなるのかしら・・・

ぜんぜんしっかりしてないんだけど
大丈夫かしら・・・

などと
不安になったときに、



生まれながらの門が同じで
アビリティの似ている大人、

で元気にしっかりやっている人の例が見つかれば、

子供が大人になって
どういうふうに輝く可能性があるのか、
将来像が描けます。




そして
そっちの方向に行くように
導けばよいんです。

親が
自分の価値観は置いといて
子供の門に合ったことを勧めると、
子供は不思議と素直に聞きます。

そうそう、
そうしたいの。
どうしてママ(パパ)わかったの?

という感じで。


逆に、

親が
子供の門に合わないことを勧め続けて、

他人が
「あなたは本当はこうしたほうがいいよ」

本人の門に合ったことを勧めても、

子供は親のほうに引きずられて
なかなか納得しない・・・

という傾向があります。



親の承認、って
心理的にめちゃくちゃ大切なんですね〜。




私は親に
自分の門に合わないことを勧められて
育った者のほうになりますけど、

18歳すぎたくらいで
さすがに自分で気がつきました。


親が言ったことをすると
うまくいかない!

自分の考えや思いに従ったほうが
よっぽどうまくいく!!


親の承認をあきらめて、
自分で突き抜けようと決めたのでした。

それは大変で困難な道のりですけど
親に引きずられて
くすぶり続けるよりはいい!




のちに
門学に出会い、

門学で説明できて、

私は正しかった!
と思えることになります。




親子の間で
認識の違いが続くと、

子供の心にも身体にも
多大な負荷がかかります。

親は自分の気持ちを発散してるだけ、
にしか見えませんでしたが・・・。




それを身を持って経験して、
そんなのはできれば経験しないほうがいい、
不要なことだ、

と思ったので、

私は自分の子供たちには
本当に合った道を歩かせたいし、

苦労するなら
合う合わないで葛藤する苦労ではなくて、

自分に合ったことを成し遂げるための苦労、
を重ねてほしいと願っています。




同じ苦労でも、
人生効率ぜんぜん違いますから!!

-「門」を子育てに生かす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.