「門」を子育てに生かす

そのアドバイスは本当に子供のためになっているのか?

2019年7月27日

先日、

月財門の息子が
高校の授業の一環で、

農業法人を訪問して
お話を聞いてきました。




その農業法人の代表の方に、

「母が『起業したら?』と言っていたので」

という前置きのもと
起業についての話もいろいろ聞いたらしいんです。




覚えていないのですが
「起業したら?」って、
言ったことがあるかもしれない・・・月財門だから。




うちで子育てに門学を採用しているのは、
門学が「社会の中で人の役に立てる人間になるために」
理想論でも一般論でも常識でもない
個別の指針を与えてくれるものだからです。





月財門だから「起業もあり」
これは確か。

(立門や創門の人が起業に向いてる、というのとは
 また違ったニュアンスで)



しかし先月、
生まれながらの門以外にも
「時の門」というものが
合う仕事の傾向にけっこう影響しているということが判明。

こちらの記事(link)参照




この子はもしかしたら
サラリーマン人生のほうがいいのかも?

ということが頭をよぎったので
時の門を調べてみると、

18歳から67歳まで
独立志向の人生・・・・!

ということで、
やっぱり「起業したら?」は
撤回しないことにしました(^^)

すでに息子の記憶に刻まれているみたいなので
もう言いませんけど。





このように、
子供にに適した「言葉かけ」を設定するのに
門学はかなり使えます。




それから親の「心づもり」を
しっかりさせてくれます。

子供に安定した人生を送ってほしいと思っても、
安定ではなく冒険と躍動の人生が待っているかもしれません。

子供に合わないことを親が望んでしまう、
というミスマッチを回避できます。




そんなことに使える、と思いましたので
11月ごろに
お子さん専用(子供を持つお父さんお母さん専用)の
「時の門から進路アドバイス相談」
的なものを期間限定募集しようと思います。

高校生、大学生あたりのお子さんで
進路に迷っていれば特に
参考になると思います。

今は波乱万丈だけど
〇〇歳くらいになったら落ち着くかも!
という希望にもなるかもしれないです。


こちら
生まれながらの門が第一ですから
生まれながらの門を鑑定しているお子さん限定企画の予定です。




どんなことも、
未来への希望につなげたいと思っています。

物事は表裏一体。
悪く受け取ることも、良く受け取ることもできますからね。

-「門」を子育てに生かす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2022 All Rights Reserved.