「門」ごとに人は異なる

やる気に火をつけるもの

2018年3月20日

「いつも初老の先生がいる眼科に久しぶりに行ったら
 若い女医さんに変わっていて、
 がぜん視力検査を張りきってしまい
 視力が上がった」


という話を聞きました(^^;

(男性の話です^^)



人って案外、
ちょっとしたことで
やる気になるものですよね(^^)



私の最近ですと、

もう疲れたー、
夕食作る気が起きないー!!

と思っていたときに、

「今日は3月3日」
だと気づき
今日はひなまつりだった!
と思って、

ただそれだけのことでスイッチが入り、
急にひなまつり料理を
猛ダッシュで作り始めた、

ということがありました。




やる気の火のつき方は
門(もん)ごとに違っていて、

私は文字どおりに
情熱の炎が燃え上がるタイプです。

火がついたら
一瞬で燃え上がることができます。

逆にいうと
このタイミングを逃したら
不完全燃焼に終わりかねないのですが(・_・;

 

 

image

 

 

その火種に
いつ、
どう出会うか?

しかし
焦ったところで
出会えるものでもなく、

まったく予想していないときに
バッタリ出会ったりするものです。




私の門(もん)の場合は、

火がついたらついたで、
燃えさかったあとは

「燃料切れ」

が待っているので、


火のつかないときは
ゆっくり休むほうがいい、と思って
のんびり構えています。

 

 

image

 

 

人間関係でひどくダメージを受けていなければ
やる気が泉のように湧いてくる門・・・


至高の目標のためなら
どんなことでもする門・・・


興味あることなら
やる気なんて当たり前、
いつまでもやってられる門・・・


感性を動かされることなら
素早く食らいつく門・・・









自分の火のつき方のパターンを
知っていると、

それ以外の
ムダなやる気の起こし方をして
消耗することはなくなるので
便利です(^^)




やる気の出し方も
門によって異なりますが、


なぜやる気が起きないかの理由も
門ごとに違っている、と
いうことですね!



そしてそれを自分で責めない。

↑↑重要です!

-「門」ごとに人は異なる

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.