門を使った子育て

子育てに「門」を取り入れ、迷わない子育てをする

最初の子供が生まれたとき、
この子にどういう将来像を描いて育てたらいいのか?
この子にどんな力を身につけさせたらいいのか?
迷わない親はいないと思う。

次の子供が生まれたら生まれたで、
多くの場合、
上の子との性格・性質の違いに戸惑うことになる。
同じ親から、どうしてこうも違う子供が生まれるものかと。

最初の子供には特に、
一般的な子供の理想像を描いて、
多くのことを期待し、
手当たり次第にいろんなことをさせてみたりもする。

早い段階から、
親の与えた環境と、
その子の特性が一致すればラッキーだ。
その子はすくすく伸びていくことだろう。

しかし、その子に与えた環境と、その子の資質が合わなかった場合、
その子も、親も、
成果のなさに苦しむことになる。
そこにたくさんのお金や、気力、
苦しい時間を無駄に消費してしまう。


「門」の理念では、人間としてのゴールを、
天賦の資質を活かして自立して、
幸せに生きていくことに置いている。

これに対して、学校教育や会社組織は、
誰とでも代わりのきく、
何でもほどほどにできる人を養成するシステムである。

「門」を使う親は、
子供が子供の持つ能力を知り、それを育てて伸ばし、
適職をつかみ取り、自立して、
喜びと達成感を日々味わえるような仕事をして
生きていくことを目差すことになる。

子供の「門」を知ると、
子供の持つ天性の資質を理解できる。
そして、その資質を伸ばすことだけに注力できる。



逆に、その資質をつぶす行為や言動は
避けることができる。

子供に合った習い事や勉強の仕方を知ることができたり、
子供に合った人間関係の築き方を知ることができる。

子供が一生をかけて続けられるような、
自然にエネルギーの湧いてくる仕事を
選ぶ指針も見えてくる。

そのため時間やお金や気力のムダがなくなる。
また、兄弟の違いを認められるようにもなる。

たとえ今、子供が壁にぶつかっていたとしても、
子供の門を知っていれば、
その門特有のストーリーを歩むであろうことが想像できる。
そのストーリーの通りに壁から抜け出す日を楽しみに、
安心して見守っていられる。

親がそのように落ち着くと、
子供が生き生きし始める。

やがてその子供は
自分に適した職を、
自然に大きな成果を出せる仕事を選び取るだろう。

子供は、
自分に自信を持つ人間に成長し、
きちんと自立して、
恋愛や結婚のようなプライベートなこともスムーズに進めて、
幸せに人生を楽しんでいけるようになるだろう。

 

 <例1>
 父:特級月財門 母:陽官門
 長女:月官門 長男:月財門 次男:月修門
 (サブで使える門=アビリティ、は省略)
 父と長男、母と長女はそれぞれ似た性質のところがあり、
 相手を理解し共感することができるが、
 悪い面が目につきすぎることもある。

 次男は理解しがたい行動をすることも多いが、
 家族の中では新鮮で、アビリティにより楽しい存在となる。

 長女には月官門の◯◯◯能力を使って
 勉強や技術を身に付けてもらう。
 ◯◯は低いので、
 受験期は勉強ばかりさせすぎると弱ってしまい、
 ひどいと再起に何年もかかり、
 進学や就職のエネルギーが
 出なくなってしまうから注意。
 習い事には◯◯の類を選び、
 月官門の力を強化させる。
 この子は今は一見特に突出したものを持たないが、  ◯◯を見つけたら豹変し、
 結果を出せるようになり、かつ、幸せになるだろう。

 長男は◯◯の感覚に優れていて、
 兄弟の中でナンバーワンである。
 いとも簡単に◯◯◯で◯◯を獲得するので、
 この感覚を伸ばすために◯◯や◯◯◯に打ち込ませる。
 すると将来、そのままいとも簡単に
 ◯◯で◯を手にするようになるだろう。
 この子が人間関係に災いをもたらすポイントは
 ◯◯◯◯◯◯に◯を◯◯てしまうことなので、
 その傾向が出てきたときには注意する。
 ◯◯的なポジションを守るように気をつけさせる。

 次男は◯◯◯◯を好むなど◯◯◯◯◯なところが
 小さい頃からそれらしい。
 興味の向くままに◯◯を追い求めさせ、
 時間を存分に使ってそれに集中できるようにする。
 どれだけ◯◯しても疲れない子なので、
 ためらいなく◯◯させてよい。
 この子にはなるべく直接◯◯◯ことはせず、
 ◯を使って◯◯してもらう。
 習い事は、やらせてみて本人が楽しめさえすれば
 何でもよい。

  <例2>
 父:陽創門 母:陽創門
 長女:陽立門 次女:月修門

 この父と母は、
 長時間一緒にいると◯◯してしまうので
 すれちがい生活くらいでちょうどいい。
 しかし◯◯ければよい門なので、
 ◯◯◯が損なわれないかぎり丸く収まる。

 長女には◯◯を尊重させることが大事である。
 この子はすべての門のアビリティをそこそこ持っているので
 ひととおりのことはできてしまう。
 陽立門を育てるには◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯を
 身につけさせるのも手である。
 しかし立門として◯になるまでにはかなりの時間がかかるので、
 それまでの保険として◯◯◯◯◯◯資質を伸ばしておくと安心。
 親はこの子の◯◯◯を尊重したほうがよく、
 そこをあまりに軽視するとマジギレの喧嘩になる。
 この子の武器は◯◯であるので、
 それを認識させ、人から◯◯される◯◯が身に付くように
 育てるとよい。

 次女は月修門であるが、
 この子も他の多くの門をアビリティに持っている。
 長女よりはこの子のほうが、
 全般的に物事を「きちんと」やる子であり、
 生活面においての大人ウケはよいだろう。
 ◯◯することは得意であるし、
 学校教育にもしっかり適応できる子なので
 子供時代に心配することはあまりないだろう。
 何でもそこそこできると思われるが、
 月修門の◯◯を生かすような仕事を狙っていくと、
 本人の満足度はずっと高くなるだろう。


 (この内容については
  どの家族や子供にもそのまま応用できることではないので
  伏せ字にしています。
  伏せ字の中身についてはメール講座の中で公開しています。
  門鑑定ではこのように、ご家族の状況に応じたアドバイスをします)

    → 次章門学への入り口、門鑑定
    前章門を人間関係に活かす

2020年2月26日

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.