「門」ごとに人は異なる

お金のセンスがない人の会話

2019年5月31日

今日は、
お金を扱う才能がある人には聞かせられない、
お金を扱う才能がまるでない者どうしの会話、

の小ネタです。


(財門の人には聞かせられない、財門のない者どうしの会話)




「今の学校では経営についての授業もあるんですけど、
こういう経費がかかるからこれだけ利益を出すにはこれだけの売り上げが必要でそれには1日いくつ・・・
ってやっていくんですけど
全然考える気にならないんですよねー」



「あーわかります。
私もそういうのはほとんど考えたことがありません。
考えても考えなくても結果同じだし」



「数学は得意だったんですけどねー」



「私も数学の計算ならできるはずなんですけどねー、
単位が円になって自分のことになった瞬間に
頭がフリーズする。不思議ですねー」



「不思議ですよねー。
私、年とってて大丈夫?みたいな
おじいちゃんおばあちゃんがやっている
コロッケ屋さんを見て励まされるんです。
ああ、こういう感じでもちゃんとやっていけるんだから、って」



「それどこですか?」



「〇〇町の〇〇の向かいの・・・」



「ちょっと私も励まされに行ってきます」





・・・

・・・・




数年前に、
「お金が苦手な人のための保険セミナー」
というのをやった時のことを思い出しました。


講師はもちろん私ではなく、
ちゃんと財門の保険のプロの人でした。



門学がわかっている人だから、
財門が低い人がどれだけお金の話にはポカンとなってしまうのか
理解してくれる人です。



だから、
お金のことが苦手な人たちも安心して
保険の相談ができました。

難しい話で丸め込まれたりとか
なんでわからないの?という顔をされバカにされてる感を受けたりとか
そういう心配がないからです!



この企画はかなり好評でした。

ほかにもこういう企画、あったらいいのにと思います。


お金のことがわからない人に
お金のことをわからせようとするのではなく、

お金のことがわからない人のところまで降りて
できるだけ簡単にシンプルにわかりやすく
最低限でいいから教えてくれる企画、です(^^)



けっこう需要あると思うんですけどね。

世の中の半分くらいの人は
財門が低いでしょうから。




お金の計算や、
お金について考えることが苦手な人は、

努力が足りないとか
きちんとしていないせいではないかもしれません。



お金にはセンスというものがあります。



絵心のある人、ない人、いますよね?

犬を描いたつもりがアメーバみたいになる人
けっこういますよね?



それと同じです。


努力してどうにかなるものではないので、
(どうにかしたいなら生まれ変わったほうが早いくらい)

お金のセンス(財門)がなかったら
そういう人専用のやり方をしたほうがいい。



という話でした!

-「門」ごとに人は異なる

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.