「門」ごとに人は異なる

結婚してよかったと思えること、ありますか?

2019年7月23日

今日は前半と後半で
大きく話題が変わります。




有権者になって二十ウン年、
初めて「積極的に」候補を決めて投票しに行った
週末の選挙でしたが、
昨日いろいろと結果が出ていましたね。

こちら(link)に書いた山本太郎さん、

れいわ新選組(〇新選組 ×新撰組 だそうです)
は2議席を獲得したものの
比例代表の3位につけていた山本太郎さんまでは惜しくも届かなかったわけですが、
そのわけは。


「れいわ山本太郎落選ざまあみろと思っているあなたへ。
 わざと落選した太郎氏の恐るべき戦略」
https://blogos.com/article/392729/(link)

↑かさこさんのブログです。


こんな記事もあります。
「山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル」
https://www.fnn.jp/posts/00047333HDK/201907212136_hiraifumio_HDK(link)




その他、情報を拾ってみると


「有権者1億588万人、投票率48.8パーセント、とういうことは、投票者総数が5167万人。山本太郎の得票数が97万5千票ということは、全投票者の1.8パーセント、つまり全国平均で約50人に1人が山本太郎に入れた形となる」


「比例選では、れいわ新選組の山本太郎氏が全候補者で最多となる99万2267票の個人名票を得たものの、落選した」
「これまでの比例代表落選者の最高得票は10年の公明党、浮島智子氏が得た約44万5千票だった」
https://news.livedoor.com/article/detail/16813303/(link)




私はFacebookから
きっかけとなる情報を拾っていましたが、

夫も夫で
「大西つねきさんの経済政策がすごい」と
注目していたようです。



政治経済にはほんと疎い私ですが
特級月財門の夫が言うなら
きっとそうなんだろう。。


ってことで。



なんかめずらしく(ってこともないですが)
話が別方向から合いました。




いまいち天気のよくなかった日曜日は
それでも午後からバイクに乗ろうと思っていたら、

月修門末っ子が「本屋さんに行きたい」
と言うので、

修門息子のためにはバイクよりも本屋だ!
ということで車で本屋さんに行くことになりました。




バイクにも乗りたかったけど
お天気もうひとつだし
後ろに乗りたがる娘は出かけてるし。


夫もバイクの免許を持っているんですが、
うちの2台のバイク、

1号

image

 


2号

image

 


現実的な思考をする月財門夫は、
私が1号に乗って夫が2号に乗って
ツーリング行こうか?

って言うんですよね。

どちらも私が買ったものだし
1号は私のまさに愛車なので

1号が私、
2号が夫、
でよいんですけど、

ちょっと・・・
見栄え的に・・・

2人でツーリングするなら
1号が夫で2号に私が乗るべきよね。

と私は思うわけです^^;



では1号でタンデムするか!
となると、

「僕が後ろでいいよ」

・・・って、

まー確かに1号への愛情の深さを思うと
運転が私、夫が後ろという関係で合ってるんですけど、

それも見栄え的にイマイチ・・・。



しかも教習所で
夫は教官に、
「後ろに乗ったことないでしょ?後ろに乗るのヘタだねえ」
と言われたそうで、

(自動二輪の教習では、2人乗りにて先生が見本を見せてくれます)

そんな人を後ろに乗せたくないよ。




・・・という状況の今ですが

大学生の頃は
夫だけがバイクの免許を持っていたので
私は後ろに乗せてもらって
ずいぶんいろんなところに行きました。

楽しかったですね〜



月財門としての夫は
「財」は「金銀財宝」ではなく「人財」のほうのようで
お金というよりはいろんな良い人にめぐまれております。




大学生の頃には気づきませんでしたが
夫はバイクを単なる「移動手段」と思っています^^;

現実的な財門です。




私はロマンを感じて乗っているので、

自分がバイクを運転するようになると
テンションがどうも違うんですよね、

夫よりも私の方が熱量が高くなってしまう。



官門長女に
早くバイクの免許を取ってほしいな〜(^^)




門学では「良いことも悪いことも表裏一体」と言います。

月財門の現実的なところは
バイクについてはこんなふうに
「維持費安ければいいんじゃない?」的な態度になって、
私にはイマイチですが、



現実的で良いところは
家事育児が「共働きなんだから分担すればいいじゃん」
と何の抵抗もないことです。

しかもまた
小さい子の相手については
私よりも素質があった・・・

家事では料理はさすがに私の担当ですが
洗い物や洗濯、ゴミ捨ては
夫の担当。
いつも素早くやってくれます。

分担してスムーズに家事育児ができればいいんじゃね?
みたいな感じなので
かなり助かっています。

おかげでずいぶん自由に過ごせています。

そのへんは私にとって重要なことなので、
結婚してよかったと思うのはそこです。





誰にでも一長一短ありますよね。

自分にも、
他の誰かから見て
いいところとイマイチなところがあるわけで、

それも
誰が見るかによってそのポイントは違ってくるわけで、

それがうまく噛み合えばいい、ってことですね。



噛み合わなければ離れるでしょう。。



しかし
いま噛み合ってないと思う人のことも
門学の視点から人の資質を理解していくと
噛み合うようになることがあります。


ちょうど昨日書いた(link)
ブロック解除でも
いけますね(^^)

門学とブロック解除って、
お互い補完・補強できて相性いいんです。




・・・

選挙の話にいきなり戻ると
あの腹筋崩壊政見放送の
『NHKから国民を守る党』、
1議席獲得したんですね。

どうコメントしていいのかわかりませんが
びっくり!

-「門」ごとに人は異なる

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.