「門」を子育てに生かす

「子どもを愚か者に育てる方法」

2020年3月12日

台湾で、
コロナウイルス対策の中心人物である
「天才IT大臣」
に注目が集まっている、

というニュース、
目にしたことありませんか?


2016年に台湾史上最年少で閣僚になったという、
デジタル大臣の唐鳳氏(38)です。



彼女がコロナ対策として何をやったのか?
ちょっと調べてみると、

わずかな時間のあいだに

・「台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組み」
である「マスク在庫マップ」を作った

・購入希望者は、マスクを求めて薬局を回るも在庫がなくてがっかり…という徒労感を味わうことなく、在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになった

こちらのサイトより
https://www.outjapan.co.jp/lgbtcolumn_news/news/2020/2/22.html(link)


ということです。

すごく小回りがきいてるというか
なんというか。




これに関して、

「台湾の「天才IT大臣」唐鳳氏の父が語る教育理念」
という記事を見つけました。
https://toyokeizai.net/articles/-/335254(link


この記事の中で、
門学の理念のとおりだな〜と思って
印象に残ったことを抜き出しますね。



「私は賢い子の育て方を知りません。
 しかし、子どもを愚か者に育てる方法なら知っています。
 親が子どもを馬鹿にし、無視し、意見を封じ込めればいいのです。
 そのように育てられた子どもは、もとがどんなに利口でも愚かな人間に育っていくでしょう」


「子どもの選択を尊重する」
「親だからといって子どもを下の存在とみない」
「自由に読書をさせ、自由に対話をし、知的欲求を抑えつけない」
「子どもの心に耳を傾ける」


「私たちは、1人ひとりの個性をしっかりと見ていく必要があるのです」





「子どもを愚か者に育てる方法なら知っています。
 親が子どもを馬鹿にし、無視し、意見を封じ込めればいいのです」

→ これをし続けると、
  子供の門崩れ、門の暴走、門の不完全燃焼につながり、
  嫌がられる人とか
  「キモイ」「マジウザイ」と思われるような人に育っちゃいます。




「子どもの選択を尊重する」
「親だからといって子どもを下の存在とみない」
「子どもの心に耳を傾ける」

→ これは、すべての子供に大事だけれど
特に立門・創門の子供には超重要!!




「自由に読書をさせ、自由に対話をし、知的欲求を抑えつけない」

→ これは特に修門の子に一番重要ですね。





「私たちは、1人ひとりの個性をしっかりと見ていく必要があるのです」

→これもすべての子供にとって大事だけど
 特に創門の子が個性を封じられたら門が死にます・・・。




つまり
「天才IT大臣」唐鳳氏のご両親の子育ては、
門学を生かした子育てで行うことそのものです!


唐鳳氏は子供の頃から天才の香りがしていたそうなので、
個性を見極めたり
子供の選択を尊重するのはそれほど難しくなかったかもしれません。



難しいのは、

親から見て
どこに能力があるのかわからない!
何を考えているのかわからない!
何をやりたいのかわからない!

という子供の育て方です。



そういうときに、
門鑑定で割り出す資質分析は
大きな助けになります。



うちでは長女がいちばん、
何が長所なのか
何が強みなのか
何を考えているのか
わからない子でした。

だけど門鑑定のおかげで、
私にも本人にも気づかなかった長所、
伸ばすべき資質がわかり、

進路、
バイトの選び方、(いま大学生なので)
身につけたほうがいいことなど
絞っていくことができました。




また、
こういうところはスゴイ、と
親が思える長所のある長男・次男についても、

ではその長所をどう活かすべきなのか?
目指すべき人物像とは?

について、
絶対これならいけるという路線を
門鑑定と門学の体系のおかげで描くことができました。




そしてそれは
もちろん子供たち本人が納得できるものです。

それが自分の本当の姿だって
わかるから。




これからは、より、
自分をよく知っていること、
自分の活かし方をわかっていることが
必要になってきます。




親から見て
よくわからない子供にこそ
活かしてほしい!門鑑定(link)です。

-「門」を子育てに生かす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2022 All Rights Reserved.