●「門」で 己を知り己を使いこなす

自分はダメだと思う前に

2019年9月7日

10代の自殺がもっとも多くなるという
夏休み明け9月に入りました。

さまざまな理由で学校に行けないお子さんのお母さんに、
整体や門鑑定やブロック解除で
お会いします。



個人的には私は
学校は行かなくてもいいじゃん、と思ってます。
文科省の方針で統一された1つの場所しか
子供たちには用意されていない、ということに
ムリがあると思ってます。



学校にがんばって行こうとするより、
学校に行かなくても生きていける方法を真剣に考えてみてはと思います。
その結果、
やっぱり学校に行く、という結論もアリですし。

いろんな生き方があります。
生かせる才能は学力だけではないし、
コミュニケーション力にもいろんな形があります。


Wokandapix @ Pixabay



学校に行けなくなることの周辺から生じる
問題の1つには、
他人の視線が厳しくなることがあると思います。


友達からのイジメや、
過度に厳しい先生の言動が原因で
学校に行けなくなることもあります。


また、友達や先生との関係に問題がなくても
「集団」への違和感や、抵抗、恐怖などから
行けなくなったりもします。

すると
学校に行けなくなったことで
「大多数の人がやることとは違う行動」をしている、ということで
白い目で見る人がいます。




学校に行けなくなることは
絶対的に悪いことではありません。

いじめたり、
偏見をを持った目で人を見るほうが
よっぽどよくないのでは?




だから学校に行けなくなっても
悪いことではないんだと思っていただきたいと思います。




一番ダメージなのは、

学校に行けないことそのものではなくて、

「自分はダメだ」
「自分には価値がない」

と思ってしまうことではないでしょうか。




自分はダメ、
と自己価値感が著しく低下することで、

その後、

何かに挑戦しようにも挑戦できなかったり、
せっかく何かチャンスがあっても生かせなかったり、

心ある人に手を差し伸べられても
拒否したり
ありがたく受け入れられなかったりします。




だから、
どんな手を使ってでも、

自分はダメだという思いを募らせることだけは
避けるべきと思うのです。



何かできることがあるかもしれない、

決してダメではないかもしれない、

そんなふうに思って
心のエネルギーをある程度残しておくことができれば、

何らかの手段で
いつかどこかで立ち上がれます。




そしてそのためには
お母さんお父さんも、

自分の子供がダメだとは決して思わないで、

この子にも何かできることがあるはず、
と思うようにしませんか?




とにかく心のエネルギーだけは、
枯渇しないようにしたいものです。




どこか場を見つけて、
エネルギーを育てることができればもっといい。




こんな自分(または子供)に
何ができるんだろうと思ったときには、

人の資質を統計学ベースで割り出せる
門鑑定がとても助けになります。

私自身が子供の門鑑定によって、

どこに長所があるのかよくわからない、
どう未来を信じていいのかわからない子供を
信じる手がかりをつかむことができました。




心のエネルギーは、
一度枯渇したら取り戻すことが大変です。

私自身が
20代前半に一度
心がスッカラカンになってますので・・・

それからエネルギーを満たしていくのに
たくさんの年月がかかりましたし、

今でも、
子供の頃から満たされて育った人には
かなわないなぁと思うことがあります。




自分は(子供は)ダメだと思う前に、

決してそうではないという価値観を持つ人と
できるだけ多く知り合って、

ダメだという思いで身動き取れなくなるまで落ちていくのを
何が何でも阻止しましょう!

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, , , ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.