「門」ごとに人は異なる

ガンになったらと妄想するひと

2018年5月17日

今日の話は

「ガンになったらどうしよう・・・」



・・・ではなくて、



「もし私がガンだったら
 あれをしてこれをして
 こんなふうにこの世を去ろう!」

という妄想です。




私と同じ
官門(かんもん・戦士の門)のお客様、
Hさん。







腰をかなり痛めておられていて、
整体の見立てでも、

もしかしたら外科的な
骨や筋肉の直接の損傷とか

内蔵疾患による
影響があるのでは?

と疑えてくるような症状です。



その印象は、
Hさんが参加されてきた、
とある
体に関する講習会に来ていた人たちにとっても
同じだったようで、


「もしかして子宮ガンかも?!」


という話に
なったのだそうです。



みんなは
とても繊細に気を遣いながら
ガンの話をしていたのだろうと思いますが、

当のHさんが発する
「もしガンだったら・・・」
という言葉は、


まるで、

「明日は遠足なのに
 もし雨が降ったら・・・」

「今日の日替わり定食が
 もし苦手なヒジキだったら・・・」

と同じような感覚なのでした(^^)




「かおりさん、そう思いません??
 ガンになったらなったで
 しょうがないですよね?

 と思うんだけど
 そこにいたみんな、深刻な表情で。

 ガンになったら怖い、って言うんですよ。

 でも、ビクビクしていても
 しょうがないと思いません?

 この感覚は、私が官門だから???」




話を振られました^^




実は私も・・・

西洋医学の「診断」に
振り回されずにいたいという
思いがありまして、
健康診断にも出産以来ずっと
行っていなかったりします。

バリウムも胃カメラもMRIも未体験。。



ガンについても
普通とはちょっと変わった心構えでいます。



バイク乗りの人たちとは
このような感覚で話をして
通じることが多いので、

やはり
死や重病を「しょうがない」と
あっさり受け入れるのは
官門、または官門高い人に多い特性なのかもしれません。



実際に、
死や重病に直面したら
怖くなるのかもしれませんが、

少なくとも直面するまでは、
怖いとかどうしようとか
心が揺れることはないでしょう。




もっとも・・・

死の直前まで元気に動き回るんだ!
とずっと言っていた人が
晩年は何年も寝たきりだったり
痛みに苦しんだという話を
ときどき聞くので、

何をどう気をつけていたところで
そうなるかもしれない、という覚悟も
しておきたいと思います。




Hさんと、
そんな話で盛り上がったのでした。




Hさんは
もしガンだったら
憧れの
とある海外の国に行っておきたい、と。




私、そこまで考えてなかったなぁ。


エジプトにピラミッドを見に行って
サハラ砂漠をどこまでも歩く、
ってのをやってみたいかなぁ・・・

 

 

image

 

 

官門は戦士の門、

この平和な社会でも
無意識のうちに、

一瞬一瞬に生死をかけて
生きているような感覚が
潜在意識に眠っています。



だからか
死んだら死んだでしょうがない、と
思います。

死ぬことは悪ではない。

どこかに還るだけのこと・・・



そのときに後悔しないために、
今を生きる。




余談ですが
私ちょっと
あるスイッチをオンにすると
亡くなった方の意志を
感じることがありまして、

ときどき
身近な人を亡くしたお客様に
それを告げたりするんですが

(そのとき、
 故人と同じ口調だと
 たいてい言われます)

「早く亡くなってかわいそう。
 あんなことこんなこと、しなければよかったのに」

と思っているお客様に対して、
亡くなられた方が

「あなたは私のことを可哀想と思っているけど
 私は、やりたいことを目一杯やって
 良い人生だったと思っているのよ、
 そんなふうに思わないで」

と言っているのを
何度か聞いたことがあります。




傍目から見てどんな人生でも、
みんな、
精一杯の命を輝かせて生きていた。


それで、いいよね。




もしも誰かが
志半ばで倒れても、

また次の誰かが
それを受け継いでいく。



無駄に終わることは
何一つ
ないですよね。




Hさんは、
門の鑑定をされる前は、
自分のことを「創門」だと思われていました。

私も
Hさんは創門が強いだろうと
思っていました・・・




なのに、
門の算出をしてみれば、

まさかまさかの官門!!

創門はほとんどナシ!!




門違い(もんちがい)でしたが、

Hさんは官門とわかったときから
少しずつ何かに目覚められてきたような気がします。



それだけ自分を180度誤解してきたので、
これから、
整理する必要のあることが
茂みのようにからみ合っていますけど、



その茂みを抜けたら
スゴイことになるのは
間違いなしです☆



自分の門を知る方法はこちら(link)ですチューリップ黄




・・・さらに余談



「『ガン』という言葉の響きがよくないよね。
 深刻すぎる響きだよね」

と、ある気功の先生が言っていました。


「ガンじゃなくて、『ポン』にしたらいいのに。
 『私ポンになりました』とかって。
 そのほうが気楽だと思うけどなぁ」



「闘病」という言葉も
深刻な響きがします。

いい言葉、ないですかね。



Hさんも「ポン」には大いにうなずいてくださって、
これから私たちの間では
「ポン」で通します(笑)

-「門」ごとに人は異なる

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.