「門」で自分の軸を作る

究極の「人生リセット法」

2018年5月18日

今週末までの新整体キャンペーン、
本日にて満員御礼になりました。

ありがとうございます花


何年ぶり?の懐かしい方々もふくめて
たくさんの人にお越しいただき、
本当に嬉しく思っています!(^^)



懐かしい方々が来てくださったってことは、
その何年かの間、
ブログを読み続けていたり
メルマガを読み続けていてくださった、
ということですから。

感謝の念に絶えませんチューリップ




そして
昨日の久しぶりの再会は・・・・



整体は9年ぶりですが
2年前に門鑑定をされて、

「特級立門(ほぼ立門しかなくて、やたら立門の数字が高い)」

とわかったKさん。







「明日5/17木曜日で空いている時間はありますか?
 急な申し込みで申し訳ありません。
 しかし、もしかして、
 明日空いていればラッキーだなあと思いまして、
 ダメ元でご連絡しました」


「明日は15時のみ空いています!
 ご都合いかがでしょうか?」


「良かった〜ご縁がありました。
 立門を意識し始めてから、
 ダメ元でも、やりたい!と思ったことは
 とりあえずやってみるようになりました。
 またひとつ、良い結果につながりました!」


そんなやりとりをして、
昨日、
お越しになりました。



デスクワークが重なって寝不足
すごい凝りがピーク
特に肩甲骨がひどい
眼精疲労
呼吸もしづらい

とのことでした。




これらのような症状の場合は
イスにすわっていただいての施術になります。


台にうつぶせになる施術と違って、
たくさん会話ができるんです(^^)




それで、
門鑑定後の変化について
いろいろとインタビューしてみました。



そしたら。



「門の鑑定をして1ヶ月後、
 私、
 くも膜下出血になったんですよ・・・。
 三途の川を渡りかけまして




えーーーーっ!!!!

マジですか!!!!!



昨日の記事(link)に書いたHさんは
ガン、いや
ポンだという疑いがあったけど
どうも大丈夫だったようですが、

今日のKさんは
実際に生死の境目を
さまよわれたとは!!




Kさん、
そんな大変なことで倒れたことがあるとは
見えませんでした。



マヒが残っているわけでもなく、
どこもかしこも
ふつうに見えます。



幸い、日常生活に戻れるまでに
回復したのだそうです。



そして、
三途の川を渡りかける間・・・

というか

入院している間、



今まで立門らしく生きていなかった

もう、やりたいことをやる人生にしよう



と思ったのだそうです。




今までは、
立門というよりは
財門・官門かのように生きてきた。

(社会から覚え込まされる門、ですね)

でも、
自分は立門、
しかもほぼ立門しかないのだとわかった。



入院中のベッドで
門の鑑定書を思い出しながら
いろいろ考えをめぐらすことができ、



生き返ったら
立門らしく生きたい




心の底から思ったのだそうです。




「それで、そのあと何か
 新しいことを始めたとか、
 そういうのありますか?」


とお聞きしてみると、



まず、

家族を自分が引っ張っていくようにしよう


家庭内での立ち位置を
変えたそうです。



今までは、
旅行に行くにも

「みんなどこがいい?
 お母さんはどこでもいいよ」

と言っていた。

お母さんとはそういうものだと
思っていたから。

だけど、自分の心の中には
悶々とした思いが残っていた。




それを、

「今度ここに行こう!」

と言うようにした。


そうしたら、
案外そのほうが
家族も楽そうにしているし、

自分もストレスなく
行きたいところに行って楽しめるようになった。

 

 

image

 

 

そうですよ、

特級立門の人が「決めない」って、
それは
走らないクルマみたいなものですから、

本人も周りも
調子が狂います。(^^)





それから
もう1つの
新しく始めたこと。



それまでは
事務や経理のような
立門らしさをほぼ出せない仕事をしてきたので、

今までと違う仕事をしよう
やりたい仕事をしよう

と思い、

デザイン関係の職業訓練に
通ったのだそうです。

(門の相関図の立→創の矢印により
 デザインもOK)



そして今は
楽しく仕事をしておられるそうで!




Kさん、
なんでもないフツーのことのように
サラリと上記の話をされましたが、
これはなかなか
スゴイことです。




最初はKさんも
「立門らしく生きるって
 どうしよう・・・」
と途方に暮れたそうですが、

三途の川を渡りかけたから、

もう立門で行くしかないと
腹が据わった、と。






このKさんの
門鑑定その後のストーリーを聞いて、

私はなんだかとても
嬉しさでいっぱいになりました。



復活した奇跡も

Kさんの生命力も

Kさんの意志も

そんな生死の境目で
立門らしく生きようと
思われたことも



どれもこれも
スゴイことだなぁと・・・。






三途の川を渡りかけるって、

究極の
人生リセットですね。


渡りきってしまうこともあるわけだし
狙ってできることではないですが (・・;)




逆に言うと
今までの自分を変えるということには、

そのくらい根こそぎ本気の
強くて深い思いが必要だということで・・・・

 


image

 

 

Kさんは新整体を体験後、

横に倒すと痛みを感じていた腰の痛みがなくなったり
後ろで手が組めるようになったり

実際に腰や肩甲骨付近をさわると、
岩盤のように硬かったはずの筋肉が
「ホチャホチャ」になってるし、

(表面から少しの部分だけで
 まだ芯はありますが)

ご自分の体の変化にも
気づいていただいて
お帰りになりました(^^)




変化を実感していただけて
よかったです!




そして私も
その夜の空手の稽古で
ようやく「パフォーマンス向上」を実感しました☆

それについてはまた改めて
書くことにします。

-「門」で自分の軸を作る

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.