「門」ごとに人は異なる

忘れていた夢を思い出させてくれたもの

2017年11月25日

先日行ってきた名古屋で、

アメブロコンサルタントの
岡田丈さんとランチしながら、

丈さん発案の「夢活」、

・・・夢を8個書いて
それについてお互いに質問したり説明したりする、
というのをやりました(^^)




<岡田丈さん紹介>

リーダー資質由来の《楽しさ・面白さ》がとても魅力的なかたで
軍師の資質もひそかにたっぷり持っている、
コンサルにピッタリな門(もん)の組み合わせ。
安心してお話しのできるかたです。




丈さんのブログはこちらです!↓
https://ameblo.jp/syousetuka-nagai/(link)

メルマガもとっても面白いですよ!


私は「官門」、
本当に思ったことしか言わない、書かない
(言えない、書けない)です。







私の夢活シートは
こんなふうになりました(^^)

 


image

 

 

半分以上
隠してますが。(^^;


8個の夢、というと
すぐには出てこないもので、

最後の1つに
しばらく考えて・・・



最後に書いたものが

「新しい形の教育関係の仕事がしたい」

でした。



私は学校が大嫌いだったけど
家にずっといるのも嫌だし、
時代に「不登校」という選択肢がなかったしで
イヤイヤながら学校に通っていました。

今、
学校に行けない子が増えているのも
私にはうなずけます。

行けても行けなくてもフツーでしょ、と
思ってます^^;




学校で、
必要な知識や考え方や教養を学ぶ、
ということは
いいんですが、

それ以外のこと、

集団行動とか
決められた時間割とか
みんな一緒でなければならない感じとか
何でもまんべんなくできるようにしましょうとか

そういうのが
イヤでして。。



と言いつつ
見かけ上は
かなり適応してたんですが^^;




なんかおかしい、と思っていたから、
20代あたりではけっこう、
新しい教育のかたちを追っている人々について
ちょこちょこと調べていました。



フリースクールや
サドベリーバレー、
デモクラティックスクール、
シュタイナースクール、
などなど。




時間割のない学校、
学ぶことを生徒が決める学校、

そんな学校があると知ったときには
衝撃的でした!



また、
「アナスタシア」という本に出てくる
ロシアの「シチェチ二ン先生の学校」のDVDを
取り寄せて見たときには、

子供たちのイキイキした様子と
知恵にあふれた様子が
うらやましすぎて
放心状態になるほどでした。

動画はこちらにあるようです。(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=d94TIzrtQhM(link)

 


movie(link)

 


そのような未来的な教育、
いや、
本来はそうあるべきじゃないの?と思う教育について、

私も何か関わりたい、
という夢を持っていたことを、
夢活から思い出しました。

それこそ
そういう学校を作りたい、くらいの勢いで。



年月が経ち、
実をいうと
私は子供と接するのがあまり得意ではなかった、
という致命的なことに気がついたり、

そういう方向を先駆的にやるのは
なんか、私ではないな、という気がして
すっかりそんな夢を持っていたことを
忘れ去っていたのですが、



そうです、
門学は、

ある意味、
その私の夢を叶えてくれるものなのです☆






学校で
平均的な人間の型にはめられて
マヒしてしまった個性を取り戻す。

何が本当の自分なのか、
見失っていたものを見つけて
自分らしく生きる。

自分に目覚め
自分のことを好きでいて
たっぷりの魅力を発する人たちを
いっぱいにする。



そういう人たちは
自分を理解し認めているから
他人のことも理解し認めようとするはず。



風通しのよい社会になるにちがいない!



子供たちは遠回りせずに
最初から個性をどんどん伸ばせたらいい。

大人が、
子供の能力がどこにあるかを知って
それを意識してあげるだけで
ぜんぜん違うから。




「門(もん)」によって、
そのような社会を実現する
一旦を担えると
私は信じています(^^)

仲間も少しずつ増えています(^-^)

将来、
今では予想もつかないような展開が
あるかもしれないです☆



知らない間に、
予想もしなかった方法で
夢は進行中でした!



そんなことを思い起こさせ
気づかせてくれた
岡田丈さんとのランチおよび夢活、

すばらしい時間でした☆

丈さんどうもありがとうございました(^-^)



埋もれていた夢を思い出す
「夢を8個書き出してみる」
という作業、
オススメです!!

-「門」ごとに人は異なる

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2022 All Rights Reserved.