「門」でエネルギーマネジメント

努力が実るかどうかを見極める2つの基準

2019年4月23日

ちょっと前に、
「時間を大切にする人は幸福度が高い」
と書いたのを覚えていらっしゃるでしょうか?


・・・こちらの記事(link)です!



そして、
時間を大切にするには
「今何をすべきなのか」
がわかっていることが必要です。




休息とか
趣味、遊びも含めてですね!




今日は、
目標や夢がある場合の話をします。


目標や夢は、
特に大きなものでなくてもいいです。
小さくてもいいし、
どんな次元のものでもいい。


「そのために今何をすればいいのか」が
思い浮かぶことが重要です。


大きな目標をかかげても、
そのために今何をすればいいのかがわからなければ、
何も進まないです。





私に起きたケースの検証をしてみました。



(1)うまくいったケース

スムーズに進んだことと言えば、
最近では「ハーレーに乗る」こと。

40歳まで、
バイクの免許ナシ
バイクの知識ナシ

でも2006年にアメリカ中西部で見た1台のバイク・・・
「ハーレー」(と後で分かった)
に乗ってみたい!!

と思ったのを実現するために、

子育てがラクになってきた頃を見はからって
こんなふうに、
「今何をすべきか」
「いつ何をすべきか」
を思い浮かべました。

 

 

image

 

 

そう、当初は、
子供が完全に手を離れてから55歳くらいに
実現すればいいかな、
と思っていたんです!


中型免許だけは
1年でも若いうちに取得しておこうと思いました。





そして、
実際に起きたことが、コレ。↓

 

 

image

 

 

最初の「中型免許を取る」というところで
すでにつまずきかけた・・・

しかし
何をすればそれを乗り越えられるのか
想像できたので、
そのとおりのことをして「努力」し、
また、
その努力は実りました。



いちど、その最も苦戦したところを乗り越えたら、
いくつかの「ラッキー」がやってきて、
最初の予定よりも10年以上早く
目標達成!!





(2)挫折したケース


途中でムリがきてやめたのは
前職の研究職。

途中まではよかったのですけどね!


途中まで進めたのは、
「何をすればよいか」
を描くことができたからです。

 

 

image

 

 

↑このように、
どうすればいいかは分かっていた。


・・・ところが!!

 

 

image

 

 

思うように進まない!!

何をどうしていいのかわかっても、
何度も何度も挑戦して
時間をかけて努力しても、
努力が実らない部分がありました。


こんなことを続けていたら、
努力が実る前に
一生が終わってしまう。


9年かかりましたが
そう判断できたので、

10年目を迎える前にやめました。






(3)何も進まないケース


これは、
たとえばですが

41歳の時点で(21歳だろうと何歳だろうと同じ)
100億円の資産を作りたい!!

なんて
思ったとします。



だけど、
そう思ってみたところで
そのためにどうしていいか、
私には1つもわからないんです。

 

 

image

 

 

そもそも
100億円もいらなくない?

で、

ジ・エンド。


ここで100億円のために何をすればいいのか分かる人は、
100億円に半分手をかけたも同然と思います。





以上のように、

時間を大切にして
幸せ度が高まるためには、

自分の掲げた目標が
(1)〜(3)のどれに当たるのか

なるべくすばやく判断する必要があります。





門学を使うと
すぐに判断できます。


(1)は自分が持っている門の範囲だった。


(2)で止まってしまったところは
自分が持っていない門のことだった。
ただ、門を鑑定するまでは
ある程度持っているだろうと勘違いしていたので、
ムリだと判断するのに時間がかかってしまった。


(3)も自分が持っていない門のことだった。
持っていないと最初から想像ついていたので、
それに取り組むことはなく、
そこに時間や努力を消耗せずに済んだ。





私は(2)のところで時間を一番使い、苦戦したけれど、

人によっては(1)で苦戦するかもしれません。
自分の持っている門なのに、
環境の影響などでそれをうまく育てることができずに
不発に終わっているかもしれません。



あるいは(3)で苦戦するかもしれません。
何をやればいいのか自分ではわからないから、と、
詳しい人に聞いて予定を埋めるかもしれません。

その場合、
やるべきことリストができるのはよいのですが、
実際にやってみるとやっぱりうまくいかないです。

詳しい人が、
代わりにやってくれるわけではありませんから。




だからこのように、
自分の目標に向かってする努力が実るのか実らないのか、

・何をすればいいのかが自分で描けるか?

・描いたことを実際にやってみて、ちゃんと進むか?
 異常に時間がかかったりしないか?

この2つを基準にして
判定してみるとよいでしょう。




その判定に悩んだときは、
門学を使ってみるとすぐにはっきりします。


また、
努力が実らないと判断した内容に対して
劣等感や引け目を感じているときも、

門学を使ってみると
「やらなくて正解!」だったのか
努力不足だったのか
はっきりするので、

後々まで負の感情を引きずらずにすみます。




今の私は、
打てば響くように努力が実ることだけを選び
躍動感のある日々を過ごせるので、
幸せなんです!チューリップピンク

-「門」でエネルギーマネジメント

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.