「門」を日常で使いこなす

親戚付き合いが楽しくなる自分づくり

2017年8月13日

昨日から
帰省の旅に出ています。

 

 

image×3

 

 

岡山で
夫のお父さんの実家に寄り、


さらに、
北九州の
夫の実家に来ました。


結婚されているかたで、
親戚づきあいに
苦心しているという話も
ときどきお聞きしますが、

華僑の秘術「門(もん)」により
自分のキャラクターのイメージが
定まり

自分に自信が持てるように
なってくると、

職場であろうと
友人の間であろうと
異性・恋人関係であろうと
親戚の間であろうと


どこでも通用する
「人としての魅力」が
引き出されるのでしょう、


苦手だった親戚づきあいが
楽になったとか、


親戚の中での
自分の役割を
改めて発見できたとか、


そんな嬉しい声を
たくさん頂戴してきました!(^-^)


私自身も
ずいぶん楽に
親戚まわりができるようになりました。


よく思われようとはせず、

私はこういう私でしかなく
こういう私がベストなのだから、

これでいくしかないよね、
という
あきらめのような
覚悟のような。

迷いなく
自分の態度を決めていられると、

相手にもその覚悟は
伝わります。

なんというのか、
どこに行っても
大切に扱われ始めます。

(それまでと比べて、の話)

-「門」を日常で使いこなす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.