「門」から最強チームを作る

1人でやるのは難しいと思ったときに誰と組むか?

2017年7月16日

何か成し遂げたいことがあるけれど、
1人でやるのは難しい、と感じることは
ないでしょうか。
かといって、誰かと一緒にやりたくても
うまくいったためしがないから、
誰かと一緒にやるのはもっと難しく
感じてしまったり。
 
 
成果をしっかり挙げることが目的の
チームの組み方には、
コツがあります。
 
 

  
原則その1:

自分と同じことが得意な人とは
組まない。
 
同じ能力の人が2人いても
能力は2倍にはなりません。
 
逆に、反発してしまって
どちらかまたは両方がダメになります。
 
 
 

原則その2:

自分ができないことをできる人と
チームを組む。

その際、
お互いの役割を
明確にしておく。

たとえば、
企画発案は私がやるから、
リサーチと分析をあなたが担当して、
というように。
 
 

 
違うことが得意な人が3人いて
三角形を作ることができたら、
もっと協力なチームになります!
 
 


 
そして、
それぞれの「得意なこと」の見極めを、
 
キャラクター算出法により
生まれながらの資質を知った上で
行うと、
 
それぞれが
自分に備わった能力に自信が持てる上、
 
お互いに絶対の信頼を
寄せることができます。

 


image

 


違うタイプの人どうしがチームを組むがゆえの
誤解やすれ違いも、
 
門(もん)の相関図を使えば
回避できます。
 


 


私は誰かと組むときには、
関わる人の門(もん)を
必ず調べます。
 
機会あれば
お互いにそれを
把握しておいていただきます。

すべては
ストレスなく効率よく成果につなげられる
最強チームで行動するために!!

-「門」から最強チームを作る

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.