●「門」で 己を知り己を使いこなす

自然体がいちばんラクで、うまくいく

2019年12月14日

先日のこちらのブログ
自由か、ルールか 続き
の内容に少し付け足して配信したメルマガに
Mさんより感想をいただきました。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつも門講座のメールを楽しみにしています。
「自由でいたい人、ルールを守らせたい人」
を拝読し、自分でとても納得が出来ました。

私は四柱推命を独学で勉強していた事があり
ある程度は、自分の資質を理解していたつもりですが、
門学の方が分かりやすくて、
自分自身の活かし方と生き方が見えてくる様に感じます。

〇〇門が多いせいか、
沢山大勢でわいわいするのが苦手で、
他人が笑っていても面白くないから笑わなかったりします。
仕事では、
会議やミーティングでくだらない事をだらだら話されると、
内心「早く終わってほしいのに」と感じてしまうタイプです。

門学を知ったおかげで、
自然体で生きるようにした方が幸せだと感じます。
これからも講座メールを楽しみにしています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




Mさんありがとうございます。


門学は自分のことについてもちろんわかりますが
門学全体について学ぶと
自分と違う人のことがよくわかるようになります。



あの人はどうしてこうなんだろう?

そういう疑問が減ってくるのです。



自分を知っても、
他人を知らなければ
自分の活かし方がわからない。

Free-Photos @ Pixabay



他人の得意なこと、
他人の苦手なことがあります。

他人が苦手で
自分は得意なこと、を選んで行うと
自分が生きてきます。



Mさんのメールの中で
「沢山大勢でわいわいするのが苦手」
というのがありました。


しかし

大勢でわいわいするの楽しい!
大勢の中でいつまでも話していられる!
話題ならどれだけでも提供できるよ!

という人もいるわけです。


場を取り持ってもらうのは
そういう人にお願いして、

Mさんのようなタイプは
隅で静かにしているなり、
追加注文をまとめる役になるなり、
そもそもそういう会には出ずに1人で黙々と仕事してたりとか
それでいいんです。


門学にて
「資質がない」とわかったことを
ムリにやる必要はないし、
(エネルギーが落ちるから)

逆にそれをやるとエネルギーが上がる人もいるので
大いにやってもらえばいいんです。



苦手なことから逃げてはいけない、とよく言われますが、
逃げた方がいいこともあります。

慣れてないだけの「苦手」なら
慣れていけばいいだけのことですが、

本当に資質がないのなら
特に仕事では「やらない」ほうが
自分だけでなく周囲のためでもあります(^^)





そうやって見ていくと
自然体がいちばん!

です(^^)



しかし
自分の「自然体」がどういうものかを
見失っている人が多いのが現状です。

世の中の常識や
「こうあるべき」という理想像に合わせるあまり、
自分の自然な姿がどのようなものだったのか
わからなくなっていることが多々あります。

そういうときに、

本来の姿を教えてくれるのは
門鑑定です。



実際、

「まさか自分はこういう人間だったとは!!」

という結果だったケースが
たくさんあります。

最初は驚かれますが、

鑑定書を読み、
面談で説明を聞けば聞くほど、納得!
という。



そのような人たちから

「僕(私)と同じような人を救うために
 太田さん、
 門をどんどん広めてください!」

と言われてますので
こうしてブログやメルマガで
コツコツ発信しております^^



自然体が、
ラクで、

ラクなのにいちばんうまくいく。



そして周囲に喜ばれながら
社会の中で活躍し、

自分らしい人生も
思いっきり楽しんでいきませんか?

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.