●「門」で 己を知り己を使いこなす

自分の能力を育ててくれる環境

2019年11月7日

整体をしていても
ブロック解除をしていても
門鑑定の面談をしていても、

しみじみ感じることの一つは
「誰にどのように支えられたかで人生変わる」
ということです。

skalekar1992 @ Pixabay




まずは両親に、
自分に合ったかたちでサポートしてもらえたら
いちばん幸せですし、

先生や師匠、先輩、上司など
目上の人から支えられる幸運もありますし、

友達、親友、仲間からの支えも
大きいです。




「自分に合ったかたちのサポート」

これは、
人それぞれに少し
形が違うと思っています。



門学の、
門(もん)ごとに必要となるサポート、
および必要な環境として
感じてきたことを簡単にまとめてみました。



(以下は、門鑑定による生まれながらの門についての話です)




立門の人:

自由に決めさせてくれる人、
自由を認めてくれる人の存在。
それとともに、
適度にぶつかり合い建設的に競い合えるような関係もあると
さらに能力が磨かれる。



創門の人:

感性や個性を認めてくれる人。
自分の創造性を、
面白がったり素晴らしいと思ってくれる人の存在。
できるだけ束縛されずに
自分を自由に表現できる環境に置かれるとよい。



財門の人:

自分の持つ「実用的な能力」をきちんと評価してくれる人の存在。
どちらかというと父親的、男性的なサポートが必要。
社会的にしっかりして自立した人、で身近なところが固められているとさらにストレスなく能力を発揮できる。



官門の人:

尊敬できる人、
この人はスゴイと一目置ける人の存在。
家庭環境にめぐまれずに育っても
尊敬できる他人の存在があれば生きていけるし、
その人から評価されることがあれば絶好調に能力発動できる。



修門の人:

温かい目で守り育ててくれるような、
どちらかというと母性的、女性的なサポートが必要。
細かいことを気にしないような、
大らかで悩み少ないタイプの人がそばにいてくれると
さらに能力を高めることができる。




上記、
いかがでしょうか?



大人でも今からでもまだ間に合います、
自分の能力を開花させるために、
自分に必要な環境をゲットするのに
参考になればと思います!




また、子供がいるなら、
自分の子にどんなサポートをしたらよいのか?

そのサポートがもし
自分には難しいとしたら、

そのサポートができる誰かを探すのも
手かと思います。





せっかく生まれてきたのだから、

自分の能力も、
子供の能力も、

余すところなく開花させていけたら
嬉しいですよねチューリップピンク

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.