「門」を仕事に活かす

スピード、緻密さ、独創性… 自分のウリをとにかく使おう

2018年3月3日

昨日の記事(link)の、
Hさんの門鑑定のあとには
後日談があります。


「ビビリで小心者」
「繊細でナイーブ」

だと思っていたのが、

実は打たれ強く
転んでもタダでは起きない性質のほうが強かった
Hさん・・・



不思議なのですが
門(もん)がそう告げてくれると
今までまったく思っていなかったことでも
納得するのですよね。


Hさんも、
家に帰って子供たちに、

『ママ、なんかテンション高いね!いい事あったの?』

と言われたくらい、

門(もん)の告げる本来の姿を
受け入れられました(^^)







Hさんはなぜこのタイミングで
門鑑定に臨まれたかというと、

お仕事の件で
新たな展開の流れを
感じておられたからです。



その、新たな流れの1つとして、
ある「場所」を
探しておられました。

 


image

 


そして、
その「場所」は、

私の知り合いが
確か貸し出しているはず・・・・



なので、
そう伝えてみると、

Hさんは
「ぜひ!その情報詳しく知りたいです!」
とおっしゃいました。



物事が動きそうな時は、
まず、
縁のつながったすべての可能性を
吟味してみることです。

それも、
素早く、

物事が冷めないうちに。



まして、
官門は、

スピードの出せる門です。



私も官門ですから、
Hさんとの面談が終わってすぐに、

知り合いにLINEを送って
場所貸しの件を詳しく知りたい旨、
伝えました。

知り合いも経営者ですから
その1時間後くらいには
「電話で伝えたいのですが」と連絡あり、

さらにその1時間後に
着信いただきました。



そしてその日のうちに
Hさんに詳細を伝えることができました。



Hさん、どうするかな〜と思っていましたけど、

さっそく、
翌日に、

私の知り合いに
電話をかけられたそうです(^^)



このスピード感、
いいですね(*^^*)



以前も書きましたが、
官門は戦士の門。



情熱に火がついたときが
勝負どきです。



一度燃え上がった
情熱の炎は
他の門(もん)の人には負けません!


その代わり、
火が消えないうちに
実行する
のがポイント・・・

消えたらなかなかつかないし、

不完全燃焼で終わらせたら
その後の自分をむしばむ
有毒ガスが発生してしまいます^^;




なので
スピード大事なんです。

スピードでは
勝負できるんです。



他の門でしたら、

この上ない緻密さとか、

誰も思いつかない独創性とか、

それをやっちゃうんだ!!という大胆さとか、

そこまでやるの?!という詰めの深さとか、



勝負どころはそれぞれ異なります。



私の言葉で言えば
どれだけ実践につながったか、
どれだけ結果につながったかが
重要だと思っています。


緻密さも独創性もなくても
スピードで結果をつかみ取った、とか


スピードも緻密さもなくても
独創性で結果をつかみ取った、など



門(もん)の資質をウリにするだけで
誰もが結果につながることを
できるようになるのです☆





私自身のことを
振り返ってみても、


・金沢市の数少ない女性整体師

・金沢市でホームページを持っている数少ない整体院
 (2003年当時は5〜6店しか検索にヒットしなかったと思います)


から始まり、



・石川県で初のマインドブロックバスター、インストラクター

・門学を日本に持ち込んだ真田孔明さんの次、
 つまり2番目に
 門鑑定を開始した門協会認定アドバイザー



など、

とにかく早い段階で
立ち位置を押さえる、

ということを、

自然に、
無意識のうちに、

自分が官門だと知る前から!

やってきていたのでした。




Hさんの今後の展開・・・

これまでのストーリーからしても、
きっと魅せてくれるはず!!


楽しみにしています(^^)

-「門」を仕事に活かす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.