「門」を仕事に活かす

「適性」があれば仕事はできるのか?

2017年10月31日

自分らしい人生、
やりがいと生きがいを感じる人生のために
「適職」求めたいですよね。


昨日の記事
「何」をやるかは自分で決めることにしませんか?(link)
の続きになります。

 

 

image

 


適性を割り出す方法は、
当ブログで解説している「門学」のほかにも
いろいろとあります。





しかし!!



適性のある仕事についたら
それでハッピー、とはならないのが現実です。



その仕事を通して
何を成し遂げたいのか?


そこが明確でないかぎり、

そこが明確になっている同僚や同業者がいたら、
その人たちに先を取られていく傾向があります。





そして、

「絶対に〜〜したい!」

という思いや願望が強い人ほど
はっきりとした成果につながりやすいです。



それは、
欲望をむきだしにしたらみっともないとかの
そういう価値観でいくら反対してみても
くつがえせないものです。




この世界は
椅子取りゲームのようなもの・・・


椅子を自分で取りに行くことが
必要です。



誰も
「こちらへどうぞ、おかけください」
とは言ってくれなくて。




ただ・・・



「門(もん)」を知ったり、
マインドブロック解除でもそうですが、

要するに
腑に落ちるレベルで自分自身が整理されてくると、



「なぜか自分の椅子がそこに空いている」



という状況が
できていることが多くなります。





そこで、



「やったー!」

と素直に喜んで椅子に座るか、



「この椅子は本当に私のなんだろうか・・・」

と疑っているうちに誰かに取られるか、



「この椅子に私が座るのはおこがましい」

と、そこらへんにいる、
あなたより能力があるとも言えないような誰かに
椅子をゆずってしまうか、




それは、
メンタル
(自己肯定感、過去のトラウマの有無、採択している考え方 etc... )
や、
エネルギーの充実度の問題です。




めぐみの森では
メンタルやエネルギーの問題にも対応するために
気功やマインドブロック解除を行っているのですね(^^)

 花気の流れを読み、調整する 遠隔気功ヒーリング(link切れ)
 花悩みや問題を潜在意識から捨てる マインドブロック解除(メール版)(link)

というか
そっち系がそもそもの出発点でした。



「対処」するだけじゃなくて
主体的な攻めの戦略も欲しいと思っていたところに、
「門(もん)」に出会ったのです!

-「門」を仕事に活かす

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.