●「門」で 己を知り己を使いこなす

門学ベーシック

2019年3月13日

ときどきは、
門学の基本的なことを、
過去記事やメルマガと重なりますけど
大事なので書いていこうと思います。



自分の門がわかったら、
鑑定書をよく見ながら
次の2点を把握していただきたいと思います。


1.生まれながらの門に照準を合わせること。

2.持っていない門のことをやらないこと。




私の場合は
生まれながらの門が「陽官門」ですので、

・陽官門らしい外見
・陽官門らしい思考
・陽官門らしい価値観
・陽官門らしい態度
・陽官門らしい発言
・陽官門らしい行動

・陽官門らしい職種
・陽官門らしいポジショニング
・陽官門らしい学び方
・陽官門らしい人間関係
・陽官門らしい趣味


そんな感じで
鑑定書を見ながら、
自分の育ってきた環境や現在の環境に合わせて
自分らしい理想形を描いていきます。


これは、
実際に生活しながら徐々に
「こういう感じかな」
とわかってくるものなので、
急ぐことはありません。


年月が経つにつれ、
より自分の門に深みが出てくることでしょう。


もしうまくイメージできない場合は、

鑑定時にお渡ししている門学入門資料に記載の
自分の門と同じ有名人、
についての本を読んだり映画などを見たり、
著作があればその人の著作を読んでみるといいですね。

または、
ときどき各地で開催している門学交流会で、
自分と同じ門の人と話してみたり、
あるいは
違う門の人と話して違いをくらべることで
自分の特性が浮かび上がってきます。






2番目について。


私が持っていない門
(鑑定書1ページ目の左下の図で2未満のもの)
は財門と修門ですので、

財門らしいことはしない、
修門らしいことはしない、

というようにします。


数字の目標を持たないとか
お金のことを直接考えないとか、

知識の量で勝負しないとか
長時間集中は目指さないようにする、とか。






それらをやってはいけないということではないのですが、

財門らしいこと、
修門らしいことは、

本当の財門・修門の人には
私はとうていかなわないので、

そこに勝負をかけることはやめるべき

ということです。




仕事では、
人並み以上の結果を出すことが求められます。

つまり私の場合、
仕事で財門・修門的なことメインにやろうとしたら
破綻してしまう、

といっても過言ではないでしょう。

(すでに1つ破綻してます)



どれだけ努力しても、
財門・修門の高い人の
足元にもおよばないからです。




門鑑定書からは
そのようなことがわかります。




しかし、
「苦手をなくそう」
というのが高校までの学校教育です。

私たちはそれに12年間取り組んできています。



その延長で、

仕事でも
苦手を克服することにエネルギーを消費し、

得意分野、つまり強みや武器がなかなか作れなくて
業績をいつまでも伸ばせない、

となっているケースが多々あります。




学校では、
実力を評価するのはテストですよね。
点数がつきます。

得意なことをどんなに頑張っても
100点以上にはなりません。

だから、
いつも95点取れるものを100点にしようとするよりは、
50点しか取れないものを70点、80点にしていくほうが
大きく得点を伸ばせます。

それが、
苦手科目の克服に重点が置かれる理由です。



しかし!!!



仕事に100点というカベはありません。

120点でも、200点でも、1000点でも出せます。


100点よりも1000点のほうが
評価されるのは当たり前です。


だから、
50点を70点にしている場合ではないのです!!


100点取れそうなものを見つけて、
それをさらに2倍、3倍、10倍、それ以上、
にしていく必要があります。



仕事ではこのように、
得意なことをもっともっと得意にする、
という価値観の転換が必要です。




ではその得意なことがどこにあるのか?

今はあまりできなくても
伸びしろがあるのはどんなことなのか?

逆に
いつまでもできるようにならないことは何なのか。



門学ではそれを
予測することができます。




生まれながらの門のこと、
アビリティの高い門のことは
伸びしろがあります。



持っていない門のことは伸びません。

昨日の自分よりはできるようになるかもしれないけれど、

ほかにたくさん、それが得意な人がいる中で、
突出した結果を出すことは
まずできません、
残念ながら。。




消耗するだけで終わらないために、

自分のエネルギーの使いどころを
しっかり把握しておきましょうね。




自分にこんな能力があったんだ、
と発見できたり、

この能力にこだわっていたけど
そこは捨てていいことだったんだ、

気分がラクになったりします。




自分が伸びていくことで
どんどん自由になれる、と私は思います。

数年後、
人生の輝きが
何倍にも違ってくることでしょうキラハート

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.