●「門」で 己を知り己を使いこなす

受験、仕事・・迷わない選択のために

2020年1月17日

昨日は

1.受験の出願校を迷っている
2.仕事(自営)で資格を取るか取らないかで迷っている

という2つのご相談がありましたため、
それらについてちょっと書いておきたいと思います。




どちらのケースも門鑑定済みでしたので、
ご自分の生まれながらの門に合ったことをしようと努力されているのは
間違いないです。





生まれながらの門を生かすことについて、

たとえば陽官門の人なら
陽官門らしいことをやらねば、と考えるよりも

「自分が陽官門らしくいられることをやる」

と考えたほうがよいです。




官門らしいことの例には
公務員とか
武道とか
いろいろ代表例が鑑定書には書いてありますけど、

官門の性質をだいたい理解した上で、

自分が官門らしく輝けるのは
どういうときなのか?

を検討していきます。



輝く、というのは
自分で自分が輝いているように感じる、ということです。

ワクワクするとか
楽しいとか
力がみなぎるとか
人によって表現の仕方はそれぞれだと思いますが、

モチベーションが上がって
やる気が湧いてくるような状態です。






公務員は官門らしいことに分類されますけど、

私にとって、
私は陽官門だけど
公務員をやってもたぶんやる気は上がらないので
(やったことがないから想像でしかありませんが)
やっていないです。

今やっているような個人事業は
むしろ立門や創門らしいことですけど、

ブレずに継続して誠実にやり続ける、
というのは官門の特性で、
それを使えば私は今の業態で
とてもやる気が出ます。


同じ個人事業でも、
キラキラ起業家みたいなのは
だいぶ違うな〜と思います。
そういうのは立門、創門ですね。



そして
鑑定書に書いてある「武道」、

これは私にはモチベーション上がるもの、
テンションが上がるものなので続けてます。
球技とかマジできないし。

でも
官門の人でも、
武道はちっとも興味ない、って人もいるはずです。




そんなふうに、

自分の門らしいことに分類されていても
自分らしくいられないことと、

ほかの人の門らしいことに分類されていても
やり方しだいで自分の門らしくできることもあります。




ここ、
工夫のしどころです!

いろいろ試してみてくださいね。




そして、
冒頭のご相談に戻りますと、

あなたらしくいられる学校はどこ?

あなたらしくできる仕事は何?

ということになります。



テンション下がることは
やらないほうがいいです。



細かいことでは
やりたくなくてもやらなければいけないこともついてきますが、
(確定申告とか^^;)

主軸となること、

どんな学校に行くとか
どんな仕事をするとか

それはやはり
何らかの形でテンション上がるものでないと
成果も出ないし、続けることもできません。




理由は何だっていいと思います。

形から入るのでも、
格にこだわるのでも、
中身を吟味して判断するのでも。

なかなか理解されない、
かわった感覚の理由でも。





それから
今はいっそう激動の時代になってますから、

確定的でない(考えや状況が変わるかもしれない)未来のために
今の自分の気持ちを犠牲にしなくてもいいと思います。

今の自分の気持ち、大事です。




マシュマロテスト、ってありますよね。

子供たちに、
目の前のマシュマロを15分の間食べるのを我慢してたら、
マシュマロをもうひとつあげるけど、
15分のあいだに食べちゃったら2つ目はナシだよ、

って言って、
子供の自制心を試す実験です。


結果は、
ウィキペディアによると、

「すぐ手を出してマシュマロを食べた子供は少なかったが、
 最後まで我慢し通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは、
 1/3ほどであった」

だそうです。


この実験では、
「15分間食べるのを我慢したらもう1つマシュマロが手に入る」
というルールに変更はないですよね。


しかし現実は、
「15分間食べるのを我慢したらもう1つマシュマロが手に入る」
とは
限らない!!!

ことが
多々あります。


こうすればこうなる、とは
言えないんです。

周囲が変わることもあるし
自分が変わることもあります。




だとしたら、
今の自分の気持ちを大切にするほうが
確実ではないでしょうか?


将来こうなりたいとか
こうしたいと思うことがあったら、

今を犠牲にせず
後悔せずに
そうなれる方法を考えてみませんか?





でも
どれだけ考えても

あとからやっぱり後悔するかもしれない、

やってみたら違ってた、って思うかもしれない、

という不安はありますよね。




人生には
間違えたとか
もっとこうしておけばよかったと
思うこともあるかもしれませんが、


もし高校を間違えたとしたら
大学を間違えない!

もし大学を間違えたとしたら
就職で間違えない!

就職で間違えたとしたら
次の仕事で間違えない!


というように、

人生の流れにおいて
人はつじつまを合わせることができるものだ、

と思います。




過去の友人を見ても、

いい大学に行けなかった、とコンプレックスを持ってた人たちは
ぜったい大企業に行くぞ!
とか
ぜったいお金をたくさん稼ぐぞ!
などと誓って、

実際そうなっている人が
たくさんいます。




エネルギーさえ残っていれば、
間違えたと思っても
取り返していくことはできます。

何度も間違えても、
いつか「これだ」というものにたどり着きます。



なので
失敗を恐れなくても大丈夫です。




自分らしく輝けることに
出会えますように!

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, , ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2020 All Rights Reserved.