●「門」で 己を知り己を使いこなす

自分で決められる人、決められない人

2019年3月18日

昨日の東京門鑑定会その後 その1

東京駅にチコちゃんとキョエちゃんがいました(^^)


このごろキョエちゃんLOVEなので
キョエちゃんグッズが欲しかったですが、
ショップは入場整理券が必要で、整理券配布はすでに終わっており、残念!

その2

ビタミンが恋しくなり
フルーツパーラーへ。
午後3時ごろは行列でしたが、
6時にもう一度行ってみると
待たずに入れました(^^)



フルーツたっぷり(*^^*)
パンケーキとコーヒーは
むさしの森珈琲がいいかなー?

さて


昨日の
やりたいことがあるのに止まってしまう
の続きです。



まず・・・

あなたは自分で物事を決められるほうでしょうか?
これをしたい、あれをしたいという
はっきりした意志があるほうでしょうか?



それとも、
いつも優柔不断さを感じているでしょうか。




意志がはっきりしているとしたら
立門が高いかもしれません、

優柔不断で自分で決められないとしたら
立門が低いかもしれません。


しかし!!



優柔不断だと自覚していたが、
それは生まれてから今までに
もっと立門が強い人がいたとか
自分を押さえつけたりコントロールしようとする人がいたとか
何をやってもできない感を積み重ねてきてしまったとかで
本当は「立門」だけど優柔不断になってしまった

ということもあります。


逆に、

立門は低いけれど
「オレはこれをやる」というはっきりしたものが1つ2つあって、
その点に関してはブレることがない

ということもあります。

 

門を鑑定してみないとわからないところです。
自覚はアテにならない!

 


そのように
見かけでは判断できないので、


「決められる人」

「決められない人」


に分けてみたいと思います。

(立門は置いておいて)




「決められる人」は、
条件が整うのを待つだけ
です。

心構え、下調べ、予備訓練などをしておいて、
Goサインが出るのを待ちます。

このときのGoサインも、
決められる人なら自分で見つけられるはずです。


〇と〇〇と〇〇〇があればできる。
だけど〇がない。
だったら〇が整ったらGo!

という具合に。



このタイプの人は、
誰か他人に相談するときも、

答えを求めてというよりは、
自分の考えの確認として相談する傾向があります。




決められる人がGoサインを見逃すとしたら、
注意不足か
それほどやりたい度が高くないのか
「〇と〇〇と〇〇〇があれば」という条件を整理できていないか、

あるいは
まだ整っていないものが多すぎるのでしょう。





「決められない人」には、
誰かからのきっかけが必要
です。

誰かに誘われる。

誰かに「これをしたら?」と言われる。

「これをやってくれ」というお願いや命令調でもいいのかもしれません。




自分では
何かを始めるエネルギーを作り出せないけれど、

人から機会を与えられると
エネルギーが湧いてくることでしょう。




だから、
条件待ちというよりは

「誰かの言葉待ち」

ということになります。



このとき、
そのきっかけを1人の人だけに期待しないほうが
いいように思います。


いつ、どこで、誰が
自分にとってベストなことを言ってくれるか
わからないです。

日常会話の中の
何気ないほんの一言かもしれません。

誰が何を言うかに
注意を払いましょう。




ただ、
そんなことしないほうがいいよ、とか
やめときな、とか

安全で無難なことを勧める言葉は
無数にありますから、

それらは聞き流しましょう。




何か建設的な言葉の中で、
誰かが言ったことに対して
自分の気持ちが「共鳴」すること。

それいいかも、
ナイスアイディアかも、
腑に落ちるかも!

と思えること。




そういうことが誰かの口から聞けたら、
それに乗りましょう!

そこは迷わずに。





それから、
自分で決められる・決められない
どちらの人にも共通ですが、

うまくいかなかったときにどうするかを
あらかじめ考えておく

というのも大切です。




何度も書いていますが
私が開業するときは、

「もしも失敗しても、借金なしならお金はゼロになるだけ。
 経験という財産が残る」

という言葉を胸に
実行しました。




1.開業してうまくいく
2.開業してうまくいかなかったが経験という財産が残る
3.開業しないでいつか後悔する(やってみておけばよかった、と)

この3つにしかならないないと思えたのでした。

希望は1>2>3。

2よりも3のほうがイヤだと思いました。
何もしないまま年をとって
「あのときやってみればよかった・・」
と体力も気力も萎えた身で思うことだけは避けたい、と。

(当時30歳でした)




で、
うまくいかなかったら
ふつうに勤め人としての仕事を探せばいい、
と考えたのです。



うまくいかなかったらどうするか、は
身の振り方だけではなくて
心の折り合いの付け方も含めての話なのです。



こうして心の準備もしておけば
大丈夫!



私は自分で決められる方のタイプです。
だから自分ですべて決めました。

自分で決められるタイプの人は
人の言うことに従って失敗すると怒りに燃えますので
(人への怒りというより、自分で決めなかったことに対する自分への怒りと後悔)
必ず自分で決めるようにしましょう。




もうすぐ4月。
新学期ですね。

何か決めますか?

何を決めますか?

-●「門」で 己を知り己を使いこなす
-, ,

Copyright© 自分の人生を生きることと人の役に立つ仕事を両立する適職診断 門鑑定 , 2021 All Rights Reserved.